FXSuitについて徹底的に調査した結果

お金
この記事は約13分で読めます。

オス!

オラ悟空!

 

 

 

あ、間違えた!

 

 

オス!

俺、パパ主任研究員 ハードボイルドVer.!

 

 

 

間違えて舎弟が出てきちまった。

前に別の記事のために書いたド下手イラストがお蔵入りになってて、もったいなかったから思わず使ってみたわ。

 

そんなことはどうでもいいんだよ。

 

このブログのキラーコンテンツ『saekinomao式スワップ』。

3すくみの手法を使ってノーリスクでスワップ益をゲットするって手法だ。

FXド素人の俺が勉強しながら解説してるんだが、なかなか好評だ。

 

読んでもらえると嬉しいからガンガン更新していくぜ!

 

もしsaekinomao式スワップについてよく分かってないやつがいたら↓のページを見てくれ。

情報が網羅されてるからな。

 

FXSuitを使ったsaekinomao式スワップ(3すくみ手法) まとめ
当研究所のキラーコンテンツ『FXSuitを使ったsaekinomao式スワップ(3すくみ手法)』のまとめページです。ここにsaekinomao式スワップの全てが詰まっています。

 

 

んで、今日はみんなが最も気にしている『FXSuit』についての調査結果を報告する。

そこまでやるか?ってことまで確認してるぞ。

 

じゃ、今日も行こうか。

 

2019年12月4日追記)

この投資からは脱出しました。

緊急!saekinomao式スワップからバックレのお知らせ
6月末から挑戦してきた当ブログの大人気コンテンツ『saekinomao式スワップ(3すくみ手法)』。パパ主任研究員はバックレました。ただし、明確な理由があるわけではありません。取り急ぎ、読者の皆さんにご連絡する必要があるので、この記事を書きました。

 

 

 

3すくみを使ったsaekinomao式スワップ 最大の懸念点『FXSuit』

まず、俺のスタンスをハッキリさせておこう。

 

ネット上では、『上手い話は詐欺だ詐欺だ病』ってのにかかってる人々がいる。

俺も気持ちは分かる。

 

でも、根拠なく『詐欺だ!』と決めつけるのは思考停止ってもんだぜ?

 

俺は研究員だからな。しかも主任の。

他人の意見ではなく自分自身で、出来るだけ1次ソースを追いかけて判断したい。

 

その過程で勉強になることが絶対にあるしな。

というわけで、調査前の段階ではFXSuitを『怪しい』とは思っていても『絶対に詐欺だ』とは思っていない。

 

客観的事実を積み上げて、その結果を見て判断しようと思う。

ここまでが前置きだ。

 

さて、以前の記事↓で、saekinomao式スワップの懸念点について考えてみた。

 

saekinomao式スワップの懸念点
saekinomao式スワップの利益創出の仕組みは天才的。でももちろん懸念点もある。世の中上手い話には気をつけろってことで、懸念点についても検証します。興味のある人はこれを一読してから判断してください。

 

その中でも軽くFXSuitについて触れたんだが、

軽くでいいわけねぇよな、そんなもん。

 

だってここだけがsaekinoma式スワップの弱点なんだからよ。

 

前回は

 ・バミューダの証券会社であること

 ・スワップポイントがちょうどいい感じになっていること

 ・出金条件が厳しい

ってことくらいしか紹介してなかったな。

 

他にももっと掘り下げてやる。

 

FXSuitに関する客観的事実

Twitter上では『そんな聞いたこともない証券会社怪しい』的なコメントが多い。

 

でもそれだけじゃ理由として弱い。

ってことで困ったときのGoogle先生だ。

いろいろ聞いてみるぞ。

 

ライセンスについて

FXSuitはバミューダのFX業者だって話だ。

んで、FXSuitってのはブランドみたいなもんで、実際の運営会社は『Salvax Limited』ってとこらしい。

これはFXSuitのホームページにも記載されている。

 

 

だから実際に登録されてるのはSalvax Limitedってわけだな。

saekinomao氏は以下のようにツイートをしてる。

 

じゃあGoogle先生に『bermuda salvax』って聞いてみましょう、と。

 

https://www.gov.bm/53275/salvax-ltd-phanos-constantinides-53275

出典:GOVERNMENT OF BERMUDA

 

うん、確かに出てくるね。

安心安心!

 

って、ここで終わらないのがパパ主任研究員ってもんよ。

 

まず、本当にバミューダ政府のサイトか?ってこと。

 

.bm - Wikipedia

出典:Wikipedia

 

URLが.bmだから大丈夫だろ。

さらにサイトのアクセス解析を見てみると、尋常じゃないほどの被リンクがある。

 

これは絶対に詐欺のために立ち上げたサイトなんかではない。

よってSalvax Limitedはちゃんとバミューダで登録された会社だと分かるな。

 

気になることがもう一つ。

saekinomao氏は『バミューダの金融局webサイト』と発言されているが、先のサイトは『金融局の』サイトではないということに気が付いた。

 

バミューダの金融局はBMA(Bermuda Monetary Authority)といい、サイトは別。

以下がBMAから認可された企業の一覧だが、残念ながらSalvaxの名前はない。

 

https://www.bma.bm/licensed-entities

出典:BMA

 

ただし、これはSalvaxに限らずFX業者の中ではよくあることっぽい。

バミューダは金融規制が『緩い』もしくは『営業に許可を必要としない』国ってことらしいな。

 

以下のサイトで詳しく解説してくれている。

 

FX業者のチェックポイント | 金融免許編
金融免許について金融免許とは、各国の金融規制を行う監督官庁などが認可するもので、一定の経済的(事業 資金や株主の資産状況等)・人的要件(役員の経験等)やコンプライアンス体制など複合的に要 件を満たしている場合に認可されるもので...

出典:https://www.zahha.jp/

 

その中で気になる記述が。

 

 ニュージーランドやロシア、SVG などは、金融免許すら持っていなくとも営業が可能です。(あたかも金融免許があるように法人登録番号を金融免許番号のように見せます。法人登録番号は全ての設立された法人に割り振られるものです。)従って、実態はFX業者が自由に営業ができます。

出典:https://www.zahha.jp/

 

まんまこれじゃん。

 

Salvaxが『認可番号』って誇らしげに記載してんのは『法人登録番号』であって、『金融局に』認可されている会社ではない。

 

だから100%詐欺かっていうと、そうではないと思うけどな。

いろいろ調べてみると、他のFX業者も同じようなことはしているっぽい。

 

認可されている業者と比較すればトラブルを起こす可能性は高いだろうが、確実にトラブルを起こすと決まっているわけではないって感じだな。

ただハッキリ言ってグレーゾーンではある。

 

saekinomao氏が勘違いで『金融局』と発言したのか、分かっていて発言したのかは分からない。

ここもグレー。

 

ちなみに細かい話だが、Salvaxの法人登記に記載されている住所はキプロス

 

よく分からんが、オフショアってやつ??

もはやバミューダの会社でもないじゃん。

 

キプロスって金融規制がしっかりしているらしい。

自国のキプロスでやらずにゆるゆるのバミューダでやるって・・・。

うーん。

 

ライセンスに関しては安心できる要素はあんまりないな、こりゃ。

 

BMAのワーニングリスト

前述のバミューダ金融局のwebサイトにワーニングリストってのがある。

金融局が注意を促してるヤバい会社のリストだな。

 

たったの6件しかないんだが、一応Salvaxがその中に入っているようなことはなかった。

 

Warning List - BMA
Check out the entities that are not incorporated in Bermuda and/or they are not licensed to conduct any regulated financial services business in or from within ...

出典:BMA

 

やった!

Salvax超安心!

絶対大丈夫だ!

 

・・・

 

さ、次に行くぞ。

 

FX業者の評価サイト

単純に『FXSuit』とGoogle先生に聞いてみると、FX業者の評価サイトがいくつか引っかかる。

以下のようなものだ。

 

FXSuit review - Is fxsuit.com scam or good forex broker?
FXSuit review – do not open a forex trading account with FXSuit before reading this review!

出典:FOREX BROKERZ

 

FXSuit(天眼評分:1.26)-外匯交易商-外匯天眼
WikiFX是外匯行業權威的外匯交易商、代理商查詢平臺,提供準確全面的交易商資料,包括監管信息,口碑,風險測評及天眼鑑定、外匯行業熱門資訊等信息。

出典:WikiFX

 

中身を見てみると、とにかくどれも『オフショアで規制されてないから止めとけ』って感じ。

 

逆に言うと、具体的になんかあったってのは出てこなかった。

 

プラマイゼロだな。

俺の気持ち的には。

 

 

 

 

パパ主任研究員が気付いちゃったこと①

これはな、オマケみたいなもんだ。

『だからなんだ?』って言われたら『分からねぇ』って答えるしかない。

 

でも気持ち悪ぃんだよ。

だから教えておくぞ。

 

この画像を見てくれ。

 

 

ねぇ、FXliftってなに?

 

正直もうめんどくせぇから自分でググってみてくれ。

うーん・・・って思うから。

 

言っちゃえばこれは他の会社のブランドだな。

FXSuitと同様にバミューダで法人登録されてるみてぇだ。

 

なぜ他の会社のブランド名と間違えるのか??と思って一応聞いてみたら『システムを共通で使うことがあるから』ってことみたいだ。

 

例えば、MT4ってトレード用のツールはいろんな会社が使ってるよね?と。

それと同じってことらしいぜ。

 

確かに、『バミューダに法人登録されてます』みたいなFX業者っていくつもあるが、webページって明らかに元は一緒だろって感じがするな。

 

はい、分かったか?

FXliftになってるからなんだ?って言われたら、分からないと答えるしかないだろ?

 

よし、次次。

 

2019/7/17追記)

ログイン画面の『FXlift』の表記は修正されていたぞ。

 

パパ主任研究員が気付いちゃったこと②

悪い。たった今もう一つ気付いちまった。

しかもさっきより良くないヤツ。

 

まず、FXSuitってのは日本専用のFX業者ではないはずだ。

言語選択にいくつか種類があったからな。

 

んで、US版Google先生に聞いてみたわけ。

日本以外でもswapやってる人いるかな?ってのが気になって。

 ※ FXSuitはアメリカにはサービスを提供していない

 

そうこうしているうちにたどり着いてしまったのかもしれない。

パンドラの箱に・・・。

 

FXSuitのスワップポイントなんだけどよ。

日本語とそれ以外の言語で値が違うんだよ。

 

自分の目で確かめてみてくれ。

 

日本語)

FXSuit

出典:FXSuit

 

英語)

FXSuit

出典:FXSuit

 

な?

日本語版だけsaekinomao式スワップが可能なスワップポイントに設定されてる。

 

素人だからよく分からねぇんだが、これって普通か??

 

日本の客だけ優遇してくれてんのか、日本の客だけ釣ろうとしてんのか。

どれだけ考えても分からねぇな。

 

2019/7/15 追記)

この『気付いちゃった②』の日本向けと海外向けでスワップポイントが違う件。

2つ情報提供があったから追記しておくぜ。

 

まずニッシーさん(@nisinsin)からいただいた情報だ。

ニッシーさんが本件についてFXSuitのサポートに問い合わせてくれた。

その回答がコレ↓だ。

 

日本マーケットは取引量が多いからスワップを優遇しても大丈夫。ってことらしい。

 

へー。

まぁ理由としては筋が通ってるな。

ただ、日本国内でFXSuitを使って取引している人がそんなに多いとは思えないんだが(笑)

 

ちなみにサポートにメールを送ってから24時間以内の返信だったとのこと。

意地悪な見方をすればサポートが暇だから回答早いんじゃねぇか?とまで思っちまうな。

ま、レスポンスが無い・遅いと比べれば全く安心感が違うから早いにこしたことはないよな。

 

(ニッシーさん、情報提供ありがとうございました!)

 

 

2つ目の情報だが、saekinomao氏からTwitterでリプをもらった。

以下だ。

 

 

俺がFXド素人だから不審に思っちまっただけってことらしい。

海外向けと日本向けで条件が違うってのは普通にあるっぽいな。

 

ここでの説明では、

海外向けは口座開設ボーナスをつけるから取引してもらわないとダメ。

だからスワップ優遇は出来ない。

日本向けは口座開設ボーナスがない代わりにスワップ優遇できる、と。

 

これも筋は通っているように思う。

先の情報の『日本は取引量が多いから』って理由とも一応矛盾はしないな。

 

ちゃんと記事を読んで回答してくれるsaekinomao氏にも感謝したい。

 

というわけで、この『気付いちゃった②』については、俺が無知だったゆえの取り越し苦労の可能性がある。

この情報も判断材料にしてくれ。

 

さいごに

いや、『さいごに』じゃねぇよな。

いろいろと消化不良だわ。

 

グレー感はより強くなった気がする。

 

ただし、詐欺だと断定できるような情報はなかった!

OKOK!

 

俺がここでFXSuitについて何かを言うことはない。

 

事実を並べるまでが俺の仕事だ。

ここから先はそれぞれが自分で判断してくれ。

 

詐欺だ!って言うのは簡単。

でも考えようによっては、もし詐欺じゃなかったらみんなが稼ぐ機会を奪ってしまうことになる。

 

それはそれで無責任な話だ。

だから情報から自分で考えて判断してくれ。

 

今回解説した通り、FXSuitについての疑惑は死ぬほどある。

でも手法自体は面白いと思うんだよ。

 

だから一度仕組みについて確認してみてくれ。

もしかしたら他の信頼できる業者で出来る時が来るかもしれないしな。

 

以下の記事なんかは参考になると思うぜ。

 

新シリーズ始動!saekinomao式スワップに挑戦!
Twitter上で話題のsaekinomao式スワップ。怪しい儲け話のようだが、果たして詐欺なのか?本当なのか?理屈を検証してみた。結果、理屈は間違っていない。もしかしたら本当に儲かるのかも?

 

FXSuitを使ったsaekinomao式スワップで2,000万円を作る方法
話題の老後資金2,000万円をFXSuitを使ったsaekinomao式スワップで作るにはどうしたら良いか、解説しています。また投資金額を増やした時にどのくらい早く2,000万円を達成できるのか検証してみました。

 

FXSuitを使ったsaekinomao式スワップはなぜ高利回りか
FXSuitを使ったsaekinomao式スワップは元本保証・高利回りを謳っている。非常に怪しいため仕組みから考えて破綻していないか検証した。結果は意外なほどまともだと思えるものだった。果たして詐欺なのか。上手い話なのか。この利回りについての検証も必読です。

 

 

俺はすでに10万円入れてるからやるっきゃない。

やるっきゃないんだよ。

 

ここまで読んで『上等だ!やってやるぜ!』って思っちまったイカれた仲間たちは以下の記事を参考にしてくれ。

 

404 NOT FOUND | 裏リーマンの人生EASY化研究所
大手企業の敏腕サラリーマンが『パパ主任研究員』として日夜人生をEASY化することを研究しています。その研究結果を報告していくブログです。

 

ここで紹介しても誰もやんねぇか(笑)

 

ま、超高額の宝くじを買うようなもんだよな。

当たらないのが普通だと思ってやれるイカレた仲間たちなら楽しめると思うぜ。

 

じゃ、今日はここまで。

 

2019年10月7日追記)

FXSuitの3すくみを超える優良投資案件にチャレンジし始めたぜ。

こっちは信頼感抜群だ。

一度読んでみてくれ。絶対に損はない。

 

404 NOT FOUND | 裏リーマンの人生EASY化研究所
大手企業の敏腕サラリーマンが『パパ主任研究員』として日夜人生をEASY化することを研究しています。その研究結果を報告していくブログです。