スポンサーリンク

SERENITY(TGR LAND)に投資すべきこれだけの理由

お金
この記事は約16分で読めます。

※1 SERENITY(セレニティ)がスマートシティ構想全体の名称、TGR LANDはSERENITYの中のオンラインパチスロ事業の名称です。

 

※2 2020年2月7日 大幅加筆修正しました。

 

どうもアロハー!

パパ主任研究員です。

 

 

 

勢いあまってアロハシャツを着てしまいました。

 

ハワイって1回だけ行ったことがあるんですけど最高ですよね!

あんなにストレスフリーな外国はないと思います。

 

 

しかも景色キレイ。暖かい。

最高。

 

そんなハワイ、無料で行けたらいいよね!

だから書いてます、この記事を(笑)

 

ワタクシが夢を託している『SERENITY(TGR LAND)』がハワイ旅行が当たるかもしれないキャンペーンをやってるんだよ!

 

そもそもが期待値が高いこの案件!

さらにハワイ旅行が当たるかもしれないなんて、なんてことでしょうか!

 

皆さんも参加できるんで有益情報と言っていいでしょう!

 

こりゃいっちょ取り組むしかないやろが!

ってことで行ってみましょう!

 

君もタダでハワイに行かないかっ!

 

スポンサーリンク

まずキャンペーンについておさらい

冒頭でハワイハワイハワイとうるさくしてしまったので、まずはキャンペーンの概要についておさらいしておきます。

 

現在ハワイ旅行がもらえるかもしれないキャンペーンは2種類あります。

 

紹介が出せる人向けのキャンペーン

こっちは激ムズなんで無視でいいかもしれません。

まず公式のキャンペーンページは以下です。

 

TGRLAND | ハワイ旅行を手に入れろ!
TGRLANDより2019年を締めくくるキャンペーンをプレゼントいたします。景品はズバリ!ハワイ旅行!達成する内容によって豪華さが増していきます!

 

もともとは1月末までのキャンペーンだったんですが、達成した人が少なかったからか2月25日まで期間延長されました(笑)

 

可能性があるとすれば『11unit(110万円)購入した人の中から抽選で50名にハワイ旅行が当たる』ってのくらいですかね。

 

110万円は入れるの大変だけど。

ってことでこっちは無視!

 

みんな参加できるやーつ

ワタクシが心躍らせているキャンペーンの本命はこっち。

公式のキャンペーンページは以下です。

 

TGRLAND ハワイde スロット!! | スロットを回してハワイを当てろ!!
ご好評につき豪華ハワイ企画第二弾!TGRLANDが用意した特設スロット機で図柄を揃えると豪華景品が当たる!!

 

どうですか。

簡単に言うと、規定数のユニット購入するとスロットが回せる。

 

当たったらハワイ旅行!またはハワイアンズ!

ハワイアンズでも意外といいかも。

 

具体的には以下のようになります。

 

  • 3unit(30万円) : スロット10回転
  • 5unit(50万円) : スロット20回転
  • 8unit(80万円) : スロット40回転
  • 10unit(100万円) : スロット70回転

 

ちなみに直接紹介した人が規定数を購入した場合、その人と同じだけスロットが回せます。

紹介を出すってのはメリットデカいッスね。

 

 

ジュルリ。

 

 

 

おっとすみません。ついつい。

 

このキャンペーンのスゴいところは当選数の多さです。

 

ハワイ旅行・ハワイアンズが各300口ですよ。

ヤバくないですか?

 

2月4日現在の売上は3,300unitです。

対象者が最大でも1,100人。

当選口数が合計600口。

同じ人の重複当選は無し。 

 

ヤベくねぇか?

 

ま、一応冷静に言っておくと『最大』600口なんで、結局はスロットの抽選確率に依存すると思います。

でも普通に考えてこんな高確率のハワイ旅行プレゼントってないよね。

 

パパはね、無料でハワイに行きたくてしょうがないです。

だから2unit増資して10回転は確実に回します(笑)

 

待ってろハワイ。

 

ちなみに、キャンペーンページを見るとずっと当選者がゼロで全然当たらねぇじゃねぇか!って感じですけど、実は反映されてないだけでガンガン当たってるみたいです(笑)

 

SERENITY(TGR LAND)の魅力を解説

さてさて。

キャンペーンはキャンペーンでそそられますが、本当の魅力は全然そこじゃないです。

 

このSERENITY(TGR LAND)さん、かなりの夢が詰まっていると思っています。

 

以前の記事では公式のLPリンクを貼り付けただけで何も解説しませんでした。

それじゃマズいよね。

 

ってことでパパ主任研究員がどのあたりに夢を感じているか解説していきましょう。

 

公式LPも貼っておきます。

先にこっちを見てもらえると理解がしやすいと思います。

 

TGR LAND PROJECT

 

 

投資内容を一言で言うとパチスロオーナー

SERENITY(TGR LAND)って一言で言うとどんな投資?と言われたら

『オンラインパチスロのオーナーになってリース料を得られる投資』

って感じですかね。

 

① 投資家が1unit10万円でオンラインのパチスロ台の権利を買う

② 運営がそのパチスロ台を使って営業する⇒手数料収入発生

③ パチスロ台のリース料が投資家に支払われる

 

とりあえずはこう考えておけばいいです。

 

もらえるリース料は、具体的には以下です。

 

・年利18~2,000%

・6年間

 

年利がどれだけになるかは、この事業がどれだけ成功するか(=どれだけのユーザを獲得できるか)によって変わります。

 

MIN)ユーザ数500人:

 年利18%
 ⇒1.08倍(6年間)

 

MAX)ユーザ数10万人:

 年利2,000%
 ⇒120倍(6年間)

 

獲得ユーザ数に応じて支払われる配当が変わります。

最低でも元本回収は可能な設定になってますね。

 

ちなみに今回はゴールドスポンサーの募集となっています。

1ユニット99,800円、限定15,000ユニットの募集です。

 

グランドオープンは2020年3月20日を予定。

ゴールドスポンサーの募集期間は前日の2020年3月19日まで。

もちろん15,000ユニットが終了した時点で募集は終わりです。

 

その先、プロジェクトはパートナー企業の募集などに進みます。

ゴールドスポンサーはかなり上位の利権と思っていいでしょう。

 

2020年2月7日現在まだ11,000ユニット以上が残っていますが、これから海外への売り込みも始めるとのことです。

いつ売り切れるかは神のみぞ知る。

 


2020年2月17日追記)

GS10の人気が過熱したおかげで一気に売れました。

2月17日現在、残りは7,540ユニットです。

 

10日で4,000ユニット=4億円近く売れたことになりますね。

すごい勢いです。

 


 

年利2,000%は現実的に可能っぽい

 

先ほども言った通り2020年3月にグランドオープンする計画なんですが、最初に思いっきりプロモーションをかけるようです。

 

・有名アスリートが広告塔になる

・パチンコ店でQRコード付きのティッシュを配る

・ホテルやマンガ喫茶、飲食店などにQRコードを配る

 

こういうプロモーションを行う。

配布されたQRコードを使ってスマホからアクセスしたらオンラインパチスロが出来ちゃいます!って流れです。

 

最近流行りのVRなんかでも出来るみたいです。

スマホ画面じゃ臨場感が足りないって人もVRだったらハマっちゃうかも。

 

もし出張先のホテルの部屋にこれがあったら。

暇なサラリーマンはやっちゃう可能性ありますよね?

ちなみにワタクシもやる可能性は十分あります(笑)

 

 

なんたって投資で集まるお金は億単位ですからね。

生半可なプロモーションじゃない。

 

で、だよ。

そういう宣伝広告を思いっきり打ってプロモーションしてユーザ数500人ってありえねぇでしょ?

 

 

競合サービスを見てみると『777TOWN』ってサービスは130万人のユーザを抱えているらしい。

 

会員ページ|パチスロ・パチンコ オンラインホール 777 タウン.net|サミー(sammy)ネットワークス
パチスロ・パチンコのオンラインホール777TOWN.netはサミー(sammy)ネットワークスが提供。話題の機種から懐かしの機種まで各メーカー続々参入中!

 

 

いきなり勝つのはまぁ無理。

でも普通に考えて10万人ならいけそうじゃない?

たったの1/13。

 

さらに言うとパチンコ実店舗のユーザ数は900万人以上

昨今の法改正で実店舗ではユーザ離れが始まっている。

 

けど楽しさを知ってる人がそう簡単にやめられないはず。

スマホで手軽に好きな台で遊べるってなったら???

 

やるでしょ、きっと。

ワタクシの周りにも、前はパチンコ屋に通ってたけど最近はゲーセンでパチスロやってるって人がいます。

彼は完全に見込み客ですね(笑)

 

 

集客の話で言うと、当研究所の弱小ブログでさえ月間8,000人くらいの人が訪問してくれてます。

うちの宣伝媒体はフォロワー3,000人弱のTwitterアカウントだけ(笑)

 

それに対し、SERENITY(TGR LAND)は億単位の広告費使う。

しかも事前マーケティングもちゃんと行っていて、見込み客めがけてリーチします。

 

数10万、あるいは数100万人の『見込み客』の目に触れるでしょう。

そのうち何%かの人が登録する。

 

例えば、

10万人が見て、そのうち3%が登録したら3,000人。

100万人が見て、そのうち3%が登録したら30,000人。

300万人が見て、そのうち3%が登録したら90,000人。

 

 

ま、そんなに単純な話じゃないだろうし、実際にどのくらいの人が見てどのくらいの割合で登録するかは分かりません。

 

でもワタクシは可能性をビシバシ感じます。

 

ちなみに会社側の初年度の目標は10,000人だそうです。

コンサバね。

 

 

んで、話を元に戻すけど10万人いけば年利2,000%。

んんんん???

イージーな気がする・・・。

どう思います???

 

 

ちなみにパチスロとは言ってますが、これはゲームです。

競合の777TOWNも同じ。

勝っても換金したりすることは出来ない。

 

それでも777TOWNは130万人のユーザを獲得してる実績があるんだから『換金できないからユーザが集まらない』ってことはないはず。

 

 

競合との違いは『視野の広さ』

 

さて、ここまで聞いて勘のいい人なら『777TOWNに勝てずに終わるだろって思ったんじゃないですか?

ワタクシも思いました。

 

では、競合サービスとSERENITY(TGR LAND)との違いは何なのか。

 

それは視野の広さです。

 

おお・・・なんかカッコいい・・・。

 

 

公式LPの冒頭にも書いてますが、SERENITY(TGR LAND)が目指しているのは『スマートシティ』を作ることです。

 

いわゆるプラットフォームビジネスをやろうとしているわけですね。

 

Amazonや楽天はプラットフォームを提供して、その上で小売りの商売をしてもらいます。

その手数料収入がチャリンチャリン。

 

それと同じことをやろうとしている。

 

 

オンラインパチスロはその中のコンテンツの一つという位置付けです。

あくまで第一弾がパチスロってだけで、これ以外にも様々なサービスを展開していく計画。

 

ネットと親和性の高いeスポーツとか、はたまた銀行・ショッピングモールとか。

ネット上に人が集まるプラットフォーム=スマートシティを作り、その上でいろんなことをやる。

 

パチスロをきっかけに入ってきたユーザが他のサービスを使うようになって、プラットフォームとしてどんどん拡大していくわけです。

 

視野広いでしょ?

全盛期の遠藤保仁並みです。首振りすぎ。

 

 


2020年2月7日追記)

ワタクシの理解が深まったので追加で説明します。

 

SERENITYが構想するスマートシティとは何か。

それはまさに『オンライン上の街』です。

 

イメージしてみてください。

 

あなたがVRゴーグルをつけてSERENITYにログインします。

目の前にはバーチャルの世界が広がる。

 

サービス開始当初はその世界には『アミューズメント施設』の建物だけがあります。

VR空間を歩いて中に入ると、そこはとてもラグジュアリーな空間でパチスロ台が並んでいる。

 

パチスロ台の前に座ってゲームを楽しむ。

 

今始めようとしているオンラインパチスロのサービスはここまで。

 

ここから先はワタクシの想像も多分に含まれますが、次のサービスとしてショッピングモールなんてどうでしょう?

 

アミューズメント施設を出てしばらく移動すると、これまたVRの世界に大きなショッピングモールが見える。

 

モールの中に入ると有名ブランドの『SERENITY店』が軒を連ねる。

VRの世界で商品を手に取り、気に入ったら購入する。

 

Amazonでモノを買ったのと同じように、後日実際に宅配便で商品が届くわけです。

 

もしSERENITYを何万人もの人が利用するようになったら。

 

アパレルショップは『SERENITY店』を出したくて仕方ないでしょう。

なんたってお客さんがいるんですから。

 

ということは?

VR上のショッピングモールの一等地は、実際に家賃を払って借りることになります。

 

VR空間というある意味『無』から実際に家賃を取れる『土地』が生み出されたんです!

 

で、SERENITYの運営は不動産事業をやると言っています。

ワタクシも最初はピンときませんでしたが、こういうことですよ。

 

VRの世界『スマートシティ』の上にみんなが欲しがる『土地』ができる。

そしたらそれを売買・賃貸するVR空間での不動産業が成立するじゃないですか!

 

理解した時、震えましたね。

創業者の方々はなんということを思いついたんでしょうか。

 

ショッピングモール以外にも銀行とかe-スポーツとか、カジノとか、いろんなサービスを提供していくはず。

サービスがどんどんが充実していくと、公式LPにある『ゆりかごから墓場まで』になるわけですね。

 

VR上のスマートシティでの生活がメインになってしまう。

そんなSFのような未来が来るかもしれません。

 

 

ちなみに、こんな壮大な構想を実現しようとしている運営会社の方々はベンチャー企業の若者とかではありません。

百戦錬磨の経営者・投資家の方々です。

 

社長さんはこれまでに200社以上を上場させてきたIPOのプロだそうです。

みんな知ってるいくつかの有名企業でも仕事をされてたとのこと。

 

もちろんホームページを見れば写真も載ってる実在する人物ですよ(笑)

 

やば。

 

各方面にコネクションを持っている実績のある方々がこのスマートシティの仕掛け人なんです。

これもワタクシが信頼感に持つのに一役買っています。

 

 

こういった構想は過去にもあったようですが、大成功することはありませんでした。

それがなぜ今回は期待できるのか。

 

一つ、2019年はVR元年と言われています。

 

二つ、2020年には次世代通信規格『5G』のサービスが始まります。

 

 

ようやく『どこでも快適に』『VR空間で過ごす』ことが出来る技術基盤が出来たわけです。

 

今現在、『仮想都市』といえば?と言われてパッと思いつくようなサービスはありませんよね?

ネットショッピングと言えばAmazonや楽天。

 

それと同じように、数年後、仮想都市と言えば『SERENITYのスマートシティ』と誰もが答えるという可能性を秘めています。

 

どうでしょうか。

オンラインパチスロはあくまでも第一弾です。

 

話を聞いただけでもめっちゃワクワクしませんか?

ワタクシはもう、可能性しか見ていません。

 

 

さて、もう一つ追加の情報です。

 

2月14日 2月29日までに10ユニット購入することで『GS10』という称号(?)がもらえます。

※期間延長されました

 

んで、GS10になると『GET the QR Money』という激熱キャンペーンが適用されます。

 

キャンペーン概要はこうです↓

 

① サービスが開始されると運営がQRコードをそこら中に配布

② そのQRコードからお客さんがSERENITYに登録

③ お客さんがSERENITYの中でお金を使う

④ アフィリエイト報酬発生!

 

で、何が激熱なのかと言うと、このQRコードから発生するアフィリエイト報酬は半永久的にもらえるってこと。

 

前述の通り、パチスロ台のリース期間は6年間です。

リースによる配当はここでおしまい。

 

それだけでも十分期待できる内容ですが、GS10になれば半永久的にチャリンチャリンするんですって!

奥さん!どうですか!

 

しかもゴールドスポンサー自体が15,000ユニット限定です。

ってことは10ユニット購入する人数って最大でも1,500人。

 

ワタクシがセミナーで聞いたところでは、おそらく300名程度になりそう、だって。

 

たったの300人で運営が大量に配布するQRコードから登録した人の落としたお金がチャリンチャリンしてその分け前は300人しかいないんだからチャリンチャリンどころの騒ぎじゃないじゃない!!

 

ハァハァ

ジュルジュルジュルジュルジュル(気持ち悪い)

 

 

 

もし、もしですよ。

先ほど熱く語ったようにSERENITYがみんなが使う定番サービスの仲間入りをしたらどうでしょう?

 

QRコードから登録した人が、毎月ブランドバックを『SERENITY店』で購入したら。

チャリンチャリンです。

 

あぁ・・・。

すげぇ話だぜ。

 

パパ主任研究員、GS10行きます!

 

2月14日までだからもう時間がない・・・。

2月29日まで期間が延長されました。

 

具体的な収益の話:年利2,000%の威力はハンパない

さて、魅力の最後は収益計算をしておきましょうか。

これ、夢以外の何物でもないから。

 

ちなみに年利は獲得ユーザ数に応じてあらかじめ設定されています。

 

10万人以上でMAXの2,000%です。

その他、1万人なら300%。3万人なら1,000%など。

 

では行こう!

 

まずは1年あたりのリース料です!

 

 

続いて、6年間のトータルです!

 

 

どうよ。2,000%の威力は。

 

まぁ初年度から10万人はありえないから、6年トータルで表の通りにはならないですけどね。

それでも10万円が1,000万円の可能性は秘めてる。

 

しかもそれが上で説明した通り、全然あり得る話なんですよね。

 

どうよ。どうなのよ。ええ??

 

これ、10万円だけでも入れておきたくなりませんか?

だってさ、本当に2,000%になったら・・・。

 

いや、みなまで言うまい。

各々胸に手を当てて考えてみてください。

 

ワタクシなら判断は秒です。

 

 

 

リスクの話

さて、散々あおり散らしてきましたがこれは投資です。

 

当然リスクがあります。

 

ただこれまで説明してきた通りかなり詳細な事業計画があります。

募集をかけている会社も丸の内にオフィスがあって、もちろんちゃんと実在してます。

 

パパ主任研究員はこれが詐欺やポンジである確率は限りなくゼロに近いと考えます。

 

そういった意味でのリスクはかなり低いでしょう。

 

そのあたりの会社の信用度については以下の記事を参考にしてください。

 

SERENITYって信用できる会社がやってるんでしょうか?
パパ主任研究員イチオシの実業系投資案件『TGR LAND powered by SERENITY』。その運営会社について解説しました。中身を知れば知るほど投資してみたくなるはずです。

 

 

ただし事業が成功するとは限りません。

 

最低でも年利18%のリース料は保証されるって話ですが、予期せぬ出来事があって会社が潰れでもしたら。

保証も何もないですよね。

 

つまり投資の原則である『余剰資金でやる』というルールは絶対に守らないといけないと思います。

最悪ゼロになってしまうという覚悟は必要でしょう。

 

そういう意味でワタクシ的には『確率の高い宝くじ』って表現がしっくりきます(笑)

 

さいごに

どうですか?

いや、どうッスか???

 

きっと投資したくて仕方ないでしょう。

申し訳ない。

セールスが上手すぎるようです。

 

GS10、魅力的ですよね。

でも100万円は正直高い。

 

そんな時は宝くじ感覚で10万円入れておくだけでも夢があっていいんじゃないでしょうか。

 

どれだけ勝っても当たらない年末ジャンボ宝くじよりは絶対に確率高いですからね。

もしかしたらたった10万円が1000万円になるかも!?

 

すみません、煽りすぎました。てへぺろ。

 

もし投資したくなったら以下の記事から登録してみてください。

 

TGR LAND powered by SERENITYの始め方
TGR LAND powered by SERENITYの登録方法を解説した記事です。こちらから登録してください。

 

 

実は、と言うかもはや当然ですが、コイツも紹介による報酬がありますので先にお伝えしておきます。

アフィリエイター大嫌い人間はここで回れ右してください。

 

この投資は完全紹介制のため、やるなら必ず誰かの紹介が必要です。

 

どうせやるならパパのところでお願いします。

 

逆に紹介を出すことに興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

 

【SERENITY】GSのアフィリエイトについて解説!
パパ主任研究員イチオシの実業系投資案件SERENITY(TGR LAND)。そのアフィリエイトの仕組みついて解説します。こちらも非常に夢のある話です。

 

 

 

その他の関連記事はこちらからぜひどうぞ!

 

TGR LAND powered by SERENITYまとめ
パパ主任研究員イチオシの実業系投資案件『TGR LAND powered by SERENITY』関連のまとめ記事です。ここを見ればTGR LANDの情報が網羅できます。

 

 

その他、ご質問がありましたらお問い合わせページかTwitterのDMまでご連絡下さい。

分かる範囲でお答えします。

 

あとゴールドスポンサー限定の公式テレグラムチャンネルなんかもあります。

ワタクシのところから登録した方はワタクシから招待しますのでご連絡ください。

 

さぁ一緒に高確率宝くじ買おうぜ。

 

じゃ、今日はここまで。